Sさんは第六形態

これはちょっとスゴイ、ちょっとイイナァと思ったことを書いていきます。

セブンイレブン「金のビーフカレー」は激ウマか!?また食べたいカレーとは

 

普段のお昼は仕事がら外食が多いせいか、休日のお昼は家で食べたいタイプです。


それもジャンクフードというか、インスタントラーメンやレトルト食品がたまらなく食べたくなってきます。毎日だと飽きるというか、体にもよくないと思いますけど、家でたまに食べる日清のカップヌードルは真に“究極”の味です。


そんな中、今回はレトルトのカレーが食べたいなぁ・・・と胃袋が言っているので、カレーを食べることにしたのですが、


家にレトルトカレーの買い置きが、無あああああい!

 

f:id:shinbar:20170710233301j:plain


仕方ないのでコンビニに買いに行くことにしたのですが、せっかくなら、たまに食べるレトルトカレーなので、おいしいものをゲットしたい。


かなり前になるのですが、テレビ番組の「マツコの知らない世界」でコンビニ食品のことが取り上げられたことがあった時にセブンイレブンの商品の進化が素晴らしかったので、“セブンびいき”になっている事もあり、セブンイレブンで買うことにしました。


セブンイレブンの惣菜コーナーに並べてあるレトルト食品群の中で、ひと際目を引く「金の○○」というシリーズが、かなり気になり、無意識に黄金のパッケージの「金のビーフカレー 黒毛牛肉(アンガス種)使用」を手に取っていました。


この「金の○○」というシリーズは、セブンイレブンのレトルト食品の中でも、特に専門的な味を、家庭でも楽しめるこだわりのワンランク上の美味しさがあるという商品です。


昼めしはこれに決まりとばかりに「金のビーフカレー」と、「マツコの知らない世界」でも紹介されて試しに買って食べたらホントに美味しかった「濃厚ジャガイモポタージュ」を取ってレジに向かいました。


「8時間じっくり煮込んだフォン・ド・ヴォーと22種類のスパイス」の文句が期待を膨らませます。

f:id:shinbar:20170710232541j:plain

 

f:id:shinbar:20170710232602j:plain


レンチンでも沸騰したお湯にボイルでもどちらでもOKみたいなので、時間も早いレンチンで温めました。

 

f:id:shinbar:20170710232628j:plain


袋の底を広げて立ててレンジにかけます。けっこう袋はパンパンになりました。

 

f:id:shinbar:20170710232707j:plain


お皿に盛ったご飯にかけて出来上がり。ビーフもなかなかゴロっとして大きいです。

 

f:id:shinbar:20170710232725j:plain


ビーフは厚めで脂身も少々ありましたが、しっかり煮込まれているので、柔らかかったです。


カレーの味はやや甘口と言ったところ。後からスパイスが効いてくるといった感じがしました。マズくはないでが、「金のビーフカレー」というネーミングで期待がふくらんでいたので正直、それほどの味か?という気はしました。


「金の○○」と言っても、レトルトなので、店舗カレーの「上等カレー」「インデアンカレー」のような後引く美味しさを求めてはイケないのですが、もう一回食べたいか?と言われれば、別のカレーを試してみると言う事になるかなぁ・・・。

 

f:id:shinbar:20170710232648j:plain


一緒に買った「濃厚ジャガイモポタージュ」は今回も美味しかったです。こっちは、また是非食べたいです。