Sさんは第六形態

これはちょっとスゴイ、ちょっとイイナァと思ったことを書いていきます。

あの頃・・バイクと言えばあの漫画ですか。

20代のころ、よくバイクで長距離のツーリングに出かけました。

もう30年くらいになるかなぁ・・・

 

スズキのGSX-R400に乗ってたんですが、あの頃はバイクと言えばレーサーレプリカが全盛だった時で、各バイクメーカーも過激なバイクを出してました。

 

峠には峠族、ローリング・キッズと呼ばれてもいましたが、山道のコーナーをサーキットさながらに攻めてバトルするバイク乗りが多くて、当然交通の妨げにもなるし、事故も多発するもんで、バイクでコーナーを攻めるという行為がしにくいように

 

コーナー各所にアスファルトにレコードの様な溝を入れられたり、心理的に滑りそうなペイント塗られたりするところが増えました。

 

バイクの通行禁止となった峠もありましたね。

 

自分もよく自爆してコケまくりました。(笑)

 

あの頃、影響を与えられた漫画と言えば、週刊少年マガジンに連載されてたしげの秀一先生のバリバリ伝説です。

 

 

「バリ伝」の中でも好きなのが、物語序盤の主人公の巨摩 郡のホンダCB750Fとライバル聖 秀吉のスズキGSX750Sカタナの峠での「カメ!」「カメ!」怒鳴りながらのバトルシーンです。

 

峠でのライバルとして対立していた郡と秀吉が鈴鹿4時間耐久レースでコンビとして出場することになり、レースが進むにつれて、対立が信頼に変わっていくところも好きです。この時二人が所属するイチノセレーシングのマシンがGSX-R400でした。

 

 

GSX-Rはアルミフレーム、フロント16インチ、リヤ18インチのタイヤがセッティングされていて、今ではお目にかかれないアンチノーズダイブがフロントフォークについてましたっけ。乾燥重量152 kgで59馬力の出力ですから、それはそれは早かったです。

 

また、バイクに乗りたいなぁーと思う今日この頃ですが、レーサーレプリカはやめときます。