Sさんは第六形態

これはちょっとスゴイ、ちょっとイイナァと思ったことを書いていきます。

大阪で行列のできるラーメン店。堺東の魚介豚骨系つけ麺と言えばココかな。

仕事で事務所に居るよりは、外に出て南大阪かいわいを回っているので、ランチタイムは色々なお店で食べることが出来るので、そうゆう面では今の職場環境はありがたいです。


そんなに高いお店には入れませんが(^_^;


久々にお昼に南海高野線は「堺東」(地元の人は「ガシ」で通じます)に行く用事が出来たので、堺市の中でも夜も賑やかなこの街で、この日、昼食取るならあそこに行こうと決めた店がありました。


その店は「麺座ぎん」

f:id:shinbar:20170906225123j:plain


堺東では、お昼や夜には常に行列が出来る有名なラーメン店です。


この店を最初に知ったのは、もう7年以上前でしょうか。

 

f:id:shinbar:20170906225153j:plain


前の会社の飲み会の帰り際に同僚に連れられて来たのが最初で、その時も並んで待ちました。当時の麺座ぎんは、つけ麺が人気で、初めて食べた魚介豚骨系スープと太麺の美味しさに衝撃を覚えました。


それから「ガシ」に飲みに行く事があれば、締めにちょくちょく寄ってました。おかげで体重も衝撃的に増えていきました・・・。


午後1時くらいを少し回っていたので、サラリーマンの昼食時間は過ぎてるし、行列もそうは無いだろうと思い、車を「麺座ぎん」近くのコインパーキングに駐車して店に近づくと、店の外にまだ10人ぐらい列を作っているではありませんか!


さらに、ネクタイしたサラリーマン風の男達3人が「麺座ぎん」を指さしながら歩いてきます。


「仕事大丈夫なんか、この人ら・・・?」(自分もそうなのですが・・・)
と、心の中でつぶやきながら、ここは臨機応変に先に用事を片付けることにしました。


1時間弱で仕事を終えて再び店に戻ると、店の外には4人、さっきのサラリーマン風の3人組と女性が1人いるだけだったので、並びました。

f:id:shinbar:20170906225230j:plain

 

この時点でもう午後2時すぎなんだけどなぁ・・・店の中にも数人いましたが、タイミング的に数人の食べてた人が終わった入れ替え時間だったのがラッキーで、そんなに待たずに店の中に入ることが出来ました。


それでもカウンターのみの10席ちょっとの椅子は満席です。「麺座ぎん」は先に券売機で食券を購入するシステムで、最近は油そばが人気のようですが、以前に油そばを食べた時に胸やけをおこしたことがあったので、この日は体重のことも考え、850円の普通のつけ麺にしました。

 

f:id:shinbar:20170906225309j:plain


食券を買って5分くらいで座ることが出来ました。中々順調なスタートです。


太麺なので、ゆで上がるまでに時間がかかります。このへんも「麺座ぎん」に行列が出来る要因かもしれませんが、それでもぎんのラーメンを食べたい人はじっと待ちますから味は太鼓判です。


つけ麺が来るまでの待ち時間に隣の席の人を見ると、つけ麺ではなく、油そばとおぼしきものを食されてました。そこそこ麺が無くなって少し汁が残ったところに締めの半ライスをぶち込んで食されました。


なるほど・・・。なかなか通な食べ方ですなぁ。今度来たときはやっぱり油そばで締めに半ライスぶち込んで食べようと頭の中でシュミレーションしてみました。


待つこと7・8分、アツモリのつけ麺がやって来ました。

 

f:id:shinbar:20170906225400j:plain


魚粉が入った魚介豚骨系つけ汁。椀の底にうまみが沈んでいるので、つけ汁はよく混ぜてから麺を口に入れる分だけつけて食べます。


具のチャーシューも絶品で、輪切りの4分の1くらいに切られたレモンも入っているのですが、食べてる途中でちょっと箸で絞ると後味さっぱりに味を変えてくれるのでうれしいです。

f:id:shinbar:20170906225459j:plain


麺が太いのでモチッとした食感がヤバいです。太麺最高です。体育会系の若い人には物足りない量かもしれませんが、生活習慣病予備軍の中高年には普通サイズでじゅうぶん腹は満たせます。

f:id:shinbar:20170906225441j:plain


最後にスープ割りをしたかったんですが、時間的に会社に早々に帰らないとマズい時刻になってきましたので、スープ割りはあきらめて店を後にしました。


今度は絶対、油そばリベンジします。


【麺座ぎん】
住所: 堺市堺区北瓦町2-3-23
電話: 072-232-0044(予約不可)
最寄り駅: 堺東駅[北出口]から徒歩約2分
営業時間:[月~土]昼11:00~14:30(ラストオーダー) 
         夜18:00~23:00(ラストオーダー)

 

 

モスバーガーのバンズが全粒粉入りで一新。歯ごたえヤバくない・・・

忙しい営業マンにとって、マクドナルドのようなファーストフードでランチというのは定番です。まあ、別に忙しくなくても行くのですが・・・。


注文するとパパッと手早く商品が出てくるファーストフード店にあって、注文してから少し時間がかかるモスバーガーはファーストフード店ではなく、ハンバーガー屋さんと言ったほうがいいのでしょうか。


モスバーガーを初めて食べたのは30年くらい前でした。


三重県は鈴鹿市にある本田技研工業株式会社に勤めていた友達のところに遊びに行った時に「うまいハンバーガー屋がある。」と言うので食べに行ったのが最初です。


それまでハンバーガーと言えばマクドしか口にしたことが無かったので、モスバーガーのバンズとハンバーグの間にはさまっている輪切りのトマトと1cm以上たっぷりと盛られているミートソースを見た時は、ホント衝撃的でした。


食べ方に慣れておらず、一口かぶりつくと口の周りがミートソースだらけになりました。


でも、なるほど・・・トマト合うな。さらにミートソースとハンバーグの間にはさまっているみじん切りの玉ねぎもいい。うん。美味しい。


と言った感じでした。


そんなモスバーガーがこの度、45周年を機にハンバーガーの基礎部分とも言えるバンズを変えたとか。


小麦粉を国産小麦の全粒粉入りのモノにしたとかで、それなら食べてみるしかないな。と言う事で、忙しい営業マンはマクドではなく、ちょっと時間のかかるモスバーガーを本日シバキに行ったのでした。


店に入って注文ですが、モスチーズバーガーにしようかと思ったのですが、最近お腹が気になっていたのを思い出し、ここはノーマルなモスバーガーとポテトSセットを注文。


しかし、ちょっと考え、これだけでは絶対、腹減るっしょ・・・と、さっきまで体形のことを気にしていたにも関わらず、普通のハンバーガーもオーダーしてしまいました。

 

俺ってヤツは・・・

飲み物をウーロン茶にしたのが、せめてもの救いでしょうか。


「お会計、1,000円です。」


えっ?・・・せっえん・・・(汗)


あああああああああっ!


サラリーマンのランチで千円は高すぎる!やってもうた・・・。ちょっと後悔。
モスでマクドの感覚で注文すると痛い目を見る。(教訓)


気を取り直し、席に座り、待つこと7分。やって来ましたモスバーガー

 

f:id:shinbar:20170902002139j:plain


新しいモスバーガーはこんな感じ。外観は当たり前ですが、以前と変わりません。

 

f:id:shinbar:20170902002208j:plain


食感は以前のバンズよりも柔らかくなったような、確かに前よりもフワッとした感じがします。バンズ、新しくなって正解です。美味しさが増してます。


普通のハンバーガーもバンズが変わっていると思います。

 

f:id:shinbar:20170902002254j:plain


マクドが悪いわけじゃないんですが、モスで食べると何故か良いものを食した感があります。値段が高いのも関係してるのでしょう。


さすがに五十過ぎのこの歳で、バーガー2個は食べ過ぎか・・・ちょっと反省でした。

 

ヤカンじゃない?パーコレーターってこう使うの!?ひとりキャンプ行きたいなぁ。

20代の頃はよくバイクでキャンプツーリングして各地を回りました。おもに信州方面が多かったかなぁ。


キャンプツーリングと言っても、あの頃はお金が無かったという事もあり、宿代や食費を浮かす為に仕方なくキャンプしていたと言ったところです。


テントも持たずに寝袋だけで、ドライブインの駐車場や締め出されてフェリー乗り場の建物わきで野宿で寝てたこともあります。でも、ちょっと今のご時世で、一人でそんなことしてると襲われそうで怖いですね。


今でも時々、芸人のヒロシさんがYouTubeで配信している「ヒロシキャンプ」なんか見てると、一人でふら~っとキャンプに出かけたくなる衝動にかられます。

 


でも、実家のオカンにバイク王に愛車KDX200SRを売られてしまって、今はバイクが無いので、キャンプツーリング出来ません・・・。


ですが、当時使っていたキャンプ道具は今も大切に持ってます。


長年愛用しているバーナーパーコレーターです。

 

f:id:shinbar:20170824171856j:plain


バーナーは「EPIgas」(ボンベはIWATANIですが)で、
パーコレーターはMIRROというメーカーのモノです。もう25年くらい前のモノです。


これらはキャンプ道具の一部ですが、今でも捨てることの出来ない思い出の愛用品です。


愛用品と言いながら、私は当時、パーコレーターの本当の使い方を知りませんでした。単にキャンプ用のヤカンと思ってました・・・。


なので、お湯を沸かす以外の使い方をしたこと無かったんです。まさかコイツでコーヒーをたてることが出来たとは・・・。

 

f:id:shinbar:20170521235958j:plain


ネットも普及してなかったので、なんでヤカンの中にこんなのが入ってんか、すぐさま調べることもなく、見当もつきませんでした。

f:id:shinbar:20170824171946j:plain


パーコレーターという道具だったのかと、知ったのも最近です。


ネットを調べて使い方を知ると、本当にコレでコーヒーをいれることが出来るのか?ちょっと試したくなったので、自宅の外でパーコレーターでコーヒーをたててみました。


本当は遠出して景色のいい場所で試したかったんですが、なにせ足がないもので・・・。


まず、中のバスケットは抜いて、杯分の水を入れてバーナーでお湯を沸かします。

 

f:id:shinbar:20170824172106j:plain


沸いてきました。

 

f:id:shinbar:20170824172206j:plain


家に開封して残っていたモカがあったので、バスケットに杯分のコーヒーを入れます。

 

f:id:shinbar:20170824172143j:plain


バスケットをセットして、弱火でバーナーにかけます。

 

f:id:shinbar:20170824172323j:plain

 


パーコレーターのフタの透明のつまみからコーヒーの抽出具合が見えます。
だいたい4分間くらいで、いい色になってきました。

 

f:id:shinbar:20170824172436j:plain

 


火を止めて蒸れたコーヒーの入ったバスケットを外してマグカップにコーヒーを注ぎました。

f:id:shinbar:20170824172513j:plain

f:id:shinbar:20170824172617j:plain


本当はシュラカップなんかあると、より一人キャンプの雰囲気が出て良かったんですが、いつも使っているマグカップに入れました。

 

f:id:shinbar:20170824172652j:plain


おおーっ!コーヒー出来てる!当たり前と言えば当たり前なのですが、人生で始めてパーコレーターでコーヒーを入れたのでちょっと感動でした。


もっと早く、パーコレーターの使い方を知っていれば、ツーリングのキャンプシーンも変わっていたことかと思います。


あの頃は、パーコレーターのバスケットを使い道のない邪魔な器具くらいにしか思っていませんでしたし、沸かしたお湯で、カップのインスタントコーヒーを飲んでました。


こんなに本格的なコーヒーを飲めたとは・・・


ひとりキャンプ行きたいなぁーと、嫁さんに言ったら「変態ちゃうん。」と言われました。

 

一人を楽しむソロキャンプのすすめ ~もう一歩先の旅に出かけよう~ (大人の自由時間mini)

一人を楽しむソロキャンプのすすめ ~もう一歩先の旅に出かけよう~ (大人の自由時間mini)

 

 

 

忍者不足が深刻化!?日本全国で忍者が不足しているって話どう?

昨日だったか、ボ~ッとテレビを見ていたら、お昼のニュースに「今、全国的に忍者が不足している」という話題が流れました。


「忍者不足って!?戦国時代でもないのに、忍者が不足って?そもそも忍者って不足するようなものやったんか?」


と、思っていたらYAHOO!ニュースにもアップされてました。

 


忍者は日本のお家芸ということもあり、日本各地の観光地では忍者ショーや忍者の催し物をやっているようですが、外国の観光客にとっても忍者のアトラクションは人気を呼んでいるようです。


そんな中、その観光客向けの忍者のアトラクションをする忍者役の役者さんが現場では足りないとか。


我々アラフィフ世代は忍者と言えば、センチュリー21のCMでお馴染みのケイン・コスギの父、ショー・コスギを思い出します。


日本では未公開作品が多いですが、ショー・コスギさんの出演した映画「NINJA」シリーズのおかげで、日本の忍者が一気に全米でメジャーになり、忍者ブームを巻き起こしたと言っても過言ではないでしょう。

 

燃えよNINJA HDニューマスター版 [Blu-ray]

燃えよNINJA HDニューマスター版 [Blu-ray]

 

 
あと10年・・いや20年若かったら、忍者やりたかったかなぁ。


だって、合コンで「仕事何してるんですか?」って聞かれて、「忍者です。」って即答すると絶対受けるし、話題持ちきりで、そこから話が広がる・広がる状態になること請け合いでしょう!


人間、何かをする動機ってそんなもんです。


まあ、でも外国の人から見ても、忍者は日本の観光の目玉なんですね。


ニュースによると、とある観光地の忍者ショーの忍者不足は本当に深刻で、忍者の役者さんが舞台のスキを見ては、音響などの演出をかけ持っているようで、しかもこの忍者ショーの忍者は二人だけで回しているというのだから、どんだけ忙しくてハードなことかお察しいたします。


また、ある忍者劇団は深刻な忍者不足に先手を打って、忍者募集のPR映像を作ったとかで、忍者の現場はかなりの売り手市場というのがうかがえます。


なぜ、こんなにも忍者不足になったのか?


忍者活劇は、アクションが命ですから、それは、それは体力が必要です。


アクションの養成学校で、忍者役者を夢見て稽古に励む子ども達もいますが、その殺陣やアクションの激しさに、挫折する人も少なくないようです。


また、忍者になって舞台に立てるようになっても、それだけで食べていけるというわけにもいかないようです。ここら辺は、忍者に限らず他の役者さんでも同じかもしれません。

 

f:id:shinbar:20170815235130j:plain


国内はもとより、世界から見ても日本旅行はブームになっているので、そのブームに一役かっている忍者を国や関係自治体も何か税金でも優遇するなり、手当付けてあげるなりして、何とか忍者人気の火が消えてしまうことが無いようにしなければいけません。


思い切って、忍者を国家資格にしたら、忍者の地位も上がるのではないでしょうか?


ハガレンみたいに国家錬金術師みたいな・・・(すみません。)

 

本格大人用忍者スーツセット Lサイズ

本格大人用忍者スーツセット Lサイズ

 

 

マジで!ファーストガンダム復活の衝撃!君は生きて見ることが出来るか・・?

お盆休みは、アマゾンプライムビデオ「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」を見て過ごしました。


マンガ版の「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」の“シャア・セイラ編”の物語のアニメ化されたこの作品は、ファースト・ガンダム世代としては、とても見てみたい作品でした。

 

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(9) (角川コミックス・エース)

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(9) (角川コミックス・エース)

 

 

 
それが、Amazonプライム会員だと、無料で見ることが出来るではないですか!

 

 

www.s-san.life

 

一気にⅠ~Ⅳの「青い瞳のキャスパル」「悲しみのアルテイシア」「暁の蜂起」「運命の前夜」Kindle Fire HD8タブレットにダウンロードしてどこでも視聴できるようにしました。結局は家で全話見たので、ダウンロードは必要なかったのですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 


1年戦争より前の時代、まだジオン公国もモビルスーツも世に現れていない時代を安彦良和氏が「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」で描いたエピソードで、ファースト・ガンダムを知る者にとっては、知っているキャラや見覚えのあるキャラの若かりし頃の活躍を見ることが出来て、とても感無量です。


作画もCGが使われているので綺麗です。


「暁の蜂起」「運命の前夜」では、マンガ版のORIGINとは農業コロニーの事件やアムロのお父さんのテム・レイがガンキャノンのプロジェクトに直接たずさわって無かった等、設定は変えてありましたが、けっこう忠実にマンガ版を再現出来ていました。


今回Ⅰ~Ⅳがプライム会員特典で無料視聴出来るのは、9月に上映される“ORIGIN Ⅴ”の「激突 ルウム会戦」のプロモート的なところもあるのでしょう。

 

機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦 (メーカー特典なし) [DVD]

機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦 (メーカー特典なし) [DVD]

 

 


この、シャア・セイラ編は来年2018年に上映される“ORIGIN Ⅵ”「誕生 赤い彗星」最終話となります。


で、その後は・・・なんとファースト・ガンダムが40周年の節目にリメイクされる可能性があるようです。

 

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(1) (角川コミックス・エース)

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(1) (角川コミックス・エース)

 

 


ORIGINで総監督を務めてる安彦良和氏が意欲を表明したようなので、かなり可能性は高いのではないでしょうか。

 

news.yahoo.co.jp


昔の作画を見ると、今のアニメに慣れている世代には耐えられないでしょうから、一から作り直すリメイクの機動戦士ガンダムは、ファーストを知らない世代に、またブームになってほしいと思います。


ORIGINのガンプラ作りたくなってきました。

 

 

 

労働基準監督署の是正勧告がスゴ過ぎ!始業前の体操や朝礼は「労働時間」になる!

 

今日のYAHOO!ニュースで、目からウロコのような記事が飛び込んできました。

 

headlines.yahoo.co.jp

 


スズキ自動車が始業前にやっていた体操や朝礼が「労働時間」に当たると、労働基準監督署から是正勧告を受けて、今までの始業前の体操や朝礼の時間分を未払い賃金として払ったというのです。


「えェェェェェ!朝礼って今までズーッとやってるじゃん!?」

 

f:id:shinbar:20170810234427j:plain

 

って感じですが、特に今まで朝礼や社内清掃なんか、労働時間がどうのこうのと考えたこともありませんでした。


記事によると、労働者が自発的に任意にしている場合は、労働時間には当てはまらないそうですが、使用者の指揮命令下や、全員でやるのが当然でしょのような暗示を受けているような場合は労働時間に当てはまるようです。


振り返ると、毎日始業時間前に社内清掃してるじゃん!うちの会社の場合、朝礼は始業時間になってからですから、朝礼は経営者側からするとセーフということになりますか。チッ・・


体操はないけど、毎朝の清掃は任意かと言われれば、絶対任意ではない事は確かです。


入社した時から朝の清掃は始業時間より早く来て、全員でやるものと、暗黙の了解みたいになってましたし、自分ひとりやらなかったら、やっぱり上司に怒られるし、気まずいです。


でも、日本のほとんどの会社は大手・中小問わず、朝の朝礼や体操や清掃が労働時間うんぬんという認識は使用人側も労働者側もあんまり持って無いような気がします。


学校教育が授業前に全体朝礼やったり、全体清掃してたりしたので、社会に出てもそういう感覚になるのかもしれません。


ブラック企業過労死が騒がれだして、労働基準監督署もやっと聖域に手を出してきた感があります。


昭和の人間としては、就業時間とか関係なく、朝礼や清掃は、朝のこれから仕事を始める為のスイッチを入れる時間と割り切ってやってきたので、どこの会社に転職しても当たり前の風習という感じで捉えてますが、


でも、今まで気づかなかっただけ、悪くい言えば、いいように使われていただけなんですね。


雇われる側も言いなりになる時代では無くなってきました。やっとこの国も働き方のあり方が変わって来たのかなというところです。

 

f:id:shinbar:20170810234409j:plain


今回のスズキ自動車が是正勧告を受けて未払い賃金として払ったというこの記事を見て青ざめている経営者は多いのではないでしょうか。

 

 

管理者養成学校 基礎訓練コースのルール。同僚に研修で出し抜かれるとは・・

 

以前、管理者養成学校のことについて書きましたが、前に勤めていた会社が管理者養成学校基礎訓練コース「地獄の訓練13日間」を有り難いことに私に体験させてくれました。

 

www.s-san.life

www.s-san.life

 


営業という職種は1ヶ月単位で仕事の成果を上げなくてはならないのが世の常だと心得ておりますが、その1ヶ月の内の半月をこの研修に参加せよという会社の意図は、表向きは社員教育ですが、


そもそも「地獄」と名の付く研修に会社の経費を使って、「参加させていただきありがとうございます!」なんて思っているヤツなんて一人もいませんでした。


社員の間では、もっぱらリストラ目的の研修だというのが常識で、成績不振者や上司から嫌われている者が送られるという、言わば恐怖政治ではないかと評判になっていました。

f:id:shinbar:20170809194001j:plain


私が「地獄の訓練13日間」に参加した時の班は、同じ会社の人間で8人でしたので、まだ馴染みやすさもありましたし、やりやすかったです。

 

通常の班は異業種のぜんぜん知らない人達との研修となります。


けっこう人見知りするほうなので、こういう班に入れられると辛かったことでしょう。


その点、うちの班の8人の内、4人は基礎訓練コース「地獄の訓練13日間」を1回は経験したことのある人達(中には3回目という常連がいました)だったので、研修内容のことはわかっているし、前回研修を受けた時の体験談も聞くことが出来たので、少しは心構えも出来ました。


しかし、そんな研修経験者もいて、同じ会社の同僚たる人間同士の班にあって、ちょっと腑に落ちない事もありました。


それは、研修の1日目の入校式の後、同じ班の人間で「地獄の訓練13日間」経験者の若い子が、何故か人のやること、なすことを、やたら注意してくるのです。


研修期間中はルールがあって、その一つに部屋への入室の際の掛け声。


部屋に入る人は「入りますっ!」、部屋の中にいる人は「どぉぞっ!」と言わなければならないのですが、その声が小さいとか、礼の仕方が悪いとか・・・


自分より年下の人間に、靴の脱ぎ方やそろえ方まで注意された時には、「いったい何なん?」と、ちょっと怒りの感情が走りました。


なんで、そんなに注意されなければならないのか?その答えがその日の夕方には分かりました。


班の部屋には、チェックシートが壁に貼られるのですが、研修項目の進捗具合などを毎日そのシートにチェックしていくことになっていて、そのシートの項目に“注意した回数”を付けるところがあるのです。


「それでかぁ・・・」すべての謎が解けました。


て言うか、そういうのがあるの知ってんなら教えろよ!同じ会社の同じ班になった仲間なのに、なんでそういうこと先に言わないかな?と、また怒りの感情が走りました。

 

f:id:shinbar:20170809193936j:plain


管理者養成学校なので、管理者として注意することも仕事の内と言う事で、1日に“注意した回数”も見られるのはわかりますが、自分の点数稼ぎのためにやたらと人の行動を見ていたのかと思うと、なんとも人間不信になりました。


班の人間全員が、そのことを知っていて、お互いの悪いところを指摘するならまだ、飲み込めますが、先に研修内容を知っているという有利な立場から言われたから、出し抜かれた気持ちで腹が立ちました。


組織の中では出し抜くヤツほど出世はうまいですが、そういうヤツが果たして部下から尊敬して慕われているのか?逆に組織のぬるま湯に安心していると、出し抜かれて蹴落とされると言う事なのか。


ちょっと大げさかもしれませんが、管理者養成学校基礎訓練コース「地獄の訓練13日間」の体験が10年余り経った今も記憶に甦ってくるのは、これまでの人生の中でも、ちょっと無かったイベントだったからかもしれません。